塗装工事Q&A





塗装でもエコ始めませんか?
ご存知でしょうか?塗料にも断熱素材があることを。
家の暑さの原因の一つとして屋根からの熱が上げられます。
屋根裏に断熱材を入れる方法もありますが、大変お金がかかります。
まずは、かならず塗替えが必要になる屋根の塗料に遮熱塗料を施すのはいかがでしょうか?

塗装で環境問題へ取り組む。 少しの施行で温暖化防止を!

当社の塗装工事はここが違う!
当社の屋根塗装工事は標準で遮熱塗料である水系ナノシリコンを使用致します。
必ずご満足頂けるはずです。

その他壁に施行する遮熱塗料もございます(こちらはオプション料金となります)
詳しいお話は是非弊社までご連絡下さいませ。



セルフチェック.jpg

塗装QA2.jpg

標準塗装工事の目安  
シリコン塗装・足場含み  壁・屋根・その他塗装部塗装
建坪40坪  85万円程度

参考塗装価格 ※この金額はあくまで一例です。建物により数量が違うため金額が変わります。

・高圧洗浄(外壁・屋根)          250円×250㎡=62,00
・外壁塗替(ソフトサーフ下塗り+セラミシリコン上塗り)  2000円×170㎡=340,000
・軒天塗装(AEP)  750円×45m=33,750
・窓周り・破風板等ウレタン塗装  850円×100m=85,000
・屋根塗装(シーラー処理+遮熱塗料) 2050円×80㎡=164,000
・足場工事 掛け払い   820円×225㎡=184,500
・メッシュシート張り   250円×225㎡=56,250

合計 926,000円 ※あくまで参考価格です。

CIMG1838.JPG



金額を比較する場合は、各単価と行う項目に注意してください。
同じ塗装工事とはいっても、会社によってやる内容が違う場合がございます。

まずはお問合せ下さい!!!!

見積り・ご相談は無料です!
一度ご自宅の状態や修繕費用を確認してみませんか?

お気軽にお問合せ下さい!

ページの先頭へ


Q、塗装工事ってどれくらいの期間やっているの?

A、工事内容によってまちまちではありますが、2週間程度~とお考え頂ければと思います。

Q、工事の前にやっておいた方が良いことは?

A、外部の工事となるため、どうしても近隣の方にご迷惑をかけてしまいます。
我々でも近隣の方には挨拶周りをさせて頂きますが、事前にお客様からも近隣の方へ一言ご挨拶をしておいて頂けると大変助かります。

また、足場の状況によっては駐車場が満足に使用出来なくなる場合がございます。
その場合には駐車場の確保等も必要になってくる事もあります。

Q、金額ってどれくらい?

A、ご自宅の規模によって金額は変動します。
広告によっては大変安い価格でうたっている業者さんもございますが、当社では金額の相違を防ぐために、口頭での回答は控えさせて頂いております。
見積もりは無料ですので、お気軽にお問合せ下さいませ。

Q、屋根の塗装って必要なの?

A、一番雨風にさらされる部分なのでとても重要です。
屋根の品質を長持ちさせるには屋根の塗装を定期的に行うことはとても重要です。
よく「予算が無いから屋根をあきらめる」という方がいらっしゃいますが、せっかく足場を掛けるのですから、屋根まで塗装を行ってしまうのが一番理想です。
また、雨漏りが発生してからの補修ですと、手遅れになってしまう場合があるだけでなく、建物の下地も傷めてしまいます。
建物の状況を見て、優先順位を付けるのも大切な事だと思います。

Q、コンクリート打ちっぱなしの壁はきれいになるの?

A、コンクリート打ちっぱなしは特に汚れが目立つ仕上げです。専用の改修方法を用いて補修を行えば、コンクリートの雰囲気をそのままにして見違えるほどきれいに生まれ変わらせる事も可能です。表面にクリア塗装を施す処理もございますので、まずはお気軽にお問合せ下さい。

Q、サイディング壁の場合はどうするの?

A、サイディング壁の場合、壁の状態が傷んでいなければ「洗浄」「クリア塗装」の工程を行えば、現状の質感・色のままでキレイに保つことも可能です。
しかし、処置が遅く、サイディング自体が痛んでしまった場合は「下地処理」「塗装」の工事となり、サイディング上からのペンキ塗装となってしまいます。
ペンキで色を変えたい!という事でしたら良いのですが、表面の質感が変化しますので、今の雰囲気が気に入っている!という場合には早めの処置が必要です。
気になる方は一度ご相談下さいませ。